Top >  外反母趾にならないための靴選び >  靴によって変わるトラブル

靴によって変わるトラブル

靴が合わないと起こるトラブルは外反母趾だけではありません。それ以外のトラブルも起こりえます。
外反母趾になる人の多くは、扁平足や開張足を合併しています。
これらはあるべき横と縦のアーチがないから。このアーチの形成は、普段履く靴が影響しています。
本来ならできないところにタコができてしまったり、体重がバランスよくかかっていないので、痛めなくてもいいような場所に支障がでてくることもあります。

また外反母趾と同じような症状で内反母趾というものがあります。
これは親指ではなく小指が親指側に曲ってしまい、小指の付け根の骨が外側へ飛び出してくる状態を言います。
外反母趾と同じぐらいよく起こる症状なのですが、分かりにくいために気付かずに放置してしまうことも多々あります。

また、靴が合わなくて起こるトラブルは足の指だけではありません。
かかとや関節にも痛みや変形を引き起こします。剛直母趾と言って、歩いているときに、地面を踏みしめて親指を持ちあげたときに痛みが生じる症状です。
親指で地面を抑える力が弱い人になりやすいと言われています。
合わない靴で歩いて、かかとが痛むのも、トラブルの一つです。歩き方のバランスを崩す原因の一つとなります。
そして、足に合わない靴を履くことで起こるトラブルは足だけでは終わりません。
歩き方のバランスが悪くなることで体の全体のバランスが崩れ、腰痛や膝痛、肩凝りなど、全身の症状にまで及びます。
歩き方だけではなく、自分に合った靴を履いているかどうかも、体のバランスを整えるのに重要なポイントなのです。

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。


累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED