Top >  外反母趾にならないための靴選び >  最適な靴とは

最適な靴とは

ファッションの観点からの靴選びも大切ですが、足のトラブルを防ぐための靴選びも大切です。
自分の足にフィットする、足に良い靴選びのポイントを抑えてみましょう。

その1.サイズが合っているか。
いかなる場合でも重要なのがサイズ。自分に合っているものでなければ、まず歩きにくくなります。
中でも、横幅のサイズは重要。横幅がきついと、歩くときに足の指が自由に動かすことができないので最適とは言えません。
左右で足のサイズが違う場合は、大きいほうの足に合わせて選びます。

その2.かかとが大きすぎないか
横幅やつま先のサイズが合っていても、かかとが大きすぎる靴はよくありません。
かかとが大きいと歩くときに足が前にすべり、つま先部分で圧迫されてしまいます。
本能的に圧迫されることを防ごうとして、足の指が踏ん張ろうと「く」の字になり、足指の変形の原因となってしまいます。

その3.靴と土ふまずの部分がフィットしているか。
靴の中では、かかとと土ふまずで足の場所を固定させます。
土ふまずと靴の部分がフィットしていると、歩くときに靴の中でズレることがなく、圧迫の原因となりません。

その4.指が使えるか
靴をはいていると、裸足のときのように自由に足の指を動かすことはできません。
しかし、それでもできるだけ動かせるほうがgood。
つま先が狭いようなものだと、足の指を動かすことはできませんから、履いてみて、指の足を動かして確認をしてみるようにしましょう。

靴選びは、TPOを考えることも大切です。
たとえば、通勤途中は少し履き心地が悪い、ファッション性の高いものを選んだとしても、会社についてからはリラックスができるものに履き替えるなど、できるだけ足を圧迫する靴を履く時間は短くするようにしましょう。

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。


累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED