Top >  外反母趾を予防する >  歩き方の矯正

歩き方の矯正

足の歪みや、骨格の形成は歩き方が大きく関係しています。
どんな歩き方が正しいのかというと、体に痛みやトラブルがないのが正しい歩き方です。

足が変形する、トラブルがたびたび起こる、などという人は、まずバランスよく歩くことができていません。
歩き方のバランスが悪い人は、仰向けに寝て見てみると、かかとが外側を向き、膝は内側を向いています。
そして歩く時は、脚は内外へ動き、どちらに向かう動きが強すぎてもバランスは崩れます。
その歩き方が腰に影響し、骨盤がズレて左右の腰の高さが違ってくるという現象が起きます。
腰が歪んでいると、今度は体が本能的に、自然にバランスを取ろうとします。
この場合、背中を横から見るとS字状に湾曲してしまいます。バランスのとれた姿勢をつくろうとした結果ですが、体全体のバランスが崩れているため、体中にさまざまな悪影響を与えてしまいます。
痛いところだけ、1か所を治しても、根本的なところが治っていなければ、再発するのは当たり前です。
では、どうすれば正しい歩き方をすることができるのでしょうか。

頭で考えすぎると、どうしても不自然な歩き方になってしまいますが、それを習慣づけることが大切です。
踵を地面に着けて、足の裏全体を地面に着け、足の指で地面を蹴ることで前に進みます。
これは、誰もが自然とやっている動作です。
それが内またになっていたり、外またになっていたり、または摺り足だったのすると、それだけで悪い歩き方です。
体が一方に傾いてはいないか、内またなどになっていないか、一度鏡の前で歩く姿を確認してみるのも良いでしょう。

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。


累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED