Top >  外反母趾の治療法 >  外反母趾の一般的な治療法

外反母趾の一般的な治療法

外反母趾の治療は、圧迫しないようにする、曲った足の指を引っ張って治す、などという単純なものでもありません。

ただ、症状の進行状態によっては、引っ張るだけで治るという場合もあります。
この状態をコングレント、治らない状態をインコングレントと言います。
インコングレントの場合は、引っ張ると関節がこすれて悪化する場合もあるので注意が必要です。
あまりにも痛かったり、症状が進行していると、手術とすぐに考えがちですが、まずは手術よりも負担を軽くする治療を行います。
まず自分で行うのは足にあった靴選び。

女性ならばおしゃれのために、パンプスやヒールのある靴を履きたいところですが、足を悪くしてしまっては元も子もありません。圧迫されない、痛みが軽減できる靴を履くことが大切です。

またよく治療としておこなわれるのがテーピングです。
市販の外反母趾用サポーターを使われることもありますが、この場合は、サイズが決められているため、自分の症状にぴったりと合ったものが必ず見つかるとは限らないのが現状。テーピングであれば、自分の外反母趾の状態に応じて調整できるので重宝されます。

とは言っても、テーピングによって、曲がってしまった骨の形状を完全に治すことはできません。
しかし、手術をしなくても痛みを軽減するには十分な効力を発揮してくれます。
はじめは、専門の施術所でテーピングの貼り方を教えてもらう必要がありますが、そのあとは、自分ですることができるので、手軽な治療法と言えるでしょう。
そのほかには、靴底にインソールを入れて足の変形を矯正するという方法もあります。

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。


累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED