Top >  外反母趾の基礎知識 >  外反母趾が起きる原因

外反母趾が起きる原因

まず、第一の原因は、足を使う機会が減ったということ。
現代は、あらゆる交通機関が発達し、足を使って移動するということが昔の人たちに比べると随分減ってしまいました。
縦と横のアーチがあるきちんとあるきれいな足が作られるのは、足をちゃんと動かしているから。小さい頃にこれができていないと、扁平足や開帳足になってしまう可能性が高くなり、同時に足のトラブルも増えるということです。1番良いのは、小さい頃に、自由に指足も動かせるよう、裸足で動くことだと言われています。

しかし、そうは言ってみても、現代の生活の中で、裸足で普段から歩きまわるというのは不可能に近いこと。たまにならできるでしょうが、いつも、となるとできないのが現状です。

そうなってくると、重要なのが「靴」。自分に合った靴を履いていないと、足が圧迫されてしまうのは当然のこと。
つま先が細い靴はよくありません。指が本来の状態を保てなくなり、締め付けられてしまい、大きな圧迫を受けてしまいます。

また、かかとが高い靴もNG。土ふまずとかかとで靴の中で足の場所を固定することができず、足が前方に滑ってしまいます。そうなると、またつま先部分は圧迫を受けることに。
女性に外反母趾が多いのは、このようなヒールや先細りしたパンプスをよく履くためなのです。

歩き方も重要です。正しい歩き方などの指導がいろいろとありますが、間違った歩き方をしていれば、足の指や甲、裏でなくともどこかに痛みが発生するもの。

肩こりや頭痛などが慢性的に起こる人も、バランスの悪い歩き方をしている可能性があり、外反母趾を起こす可能性は大いにあります。

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。


累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED