Top >  巻き爪の予防法 >  巻き爪を防ぐ靴選び

巻き爪を防ぐ靴選び

外出するときに、当然のことながら靴は必需品です。
靴の役割としては、足を保護する、脚の機能を高める、そしてファッションがあります。
しかし、近頃では、ファッション性ばかりが注目されてそれ以外がおろそかになってしまっていることも。
巻き爪などの足のトラブルの原因が、靴が合っていないから、というのですから、本来の靴の目的を確認しなおさなければなりません。
巻き爪を防ぐための靴を選ぶのは実は簡単なことなのです。

ポイントは4つ。

その1.自分の足のサイズに靴が合っているか。
まず注目したいのが靴のサイズです。
自分の足に合っていなければ、どんなにいい靴でも歩きにくくなります。
そのなかでも、特に横幅のサイズは重要。横幅がきついと、歩くときに足の指が自由に動かすことができないので、足のトラブルを招きやすくなります。

その2.かかとが大きすぎないか
横幅やつま先のサイズが合っていても、かかとが大きすぎる靴はよくありません。
かかとが大きいと歩くときに足が前にすべり、つま先部分で圧迫されてしまい、指の変形の原因となってしまいます。

その3.靴と土ふまずの部分がフィットしているか。
靴の中では、かかとと土ふまずで足の場所を固定させます。土ふまずと靴の部分がフィットしていると、歩くときに靴の中でズレることがなく、圧迫の原因となりません。

その4.指が使えるか
以前、裸足で歩く健康法が流行ったことがありますが、それは自由に足の指を動かすことができるから、というのも理由のひとつです。
靴の中では、なかなか自由に動かすことができませんが、つま先が狭いようなものではなく、実際に履いてみて、指の足が自由になるものを選ぶようにしましょう。

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。


累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED