Top >  巻き爪の治療 >  巻き爪の治療法

巻き爪の治療法

巻き爪の診療は、普通は皮膚科で行われます。
しかし、その治療法にはさまざまな方法があり、病院によって異なるので、同じ治療方法がとられるにしても、重症の場合などはセカンドオピニオンが必要な場合もあります。

巻き爪の治療は矯正か手術かに分かれます。巻き爪の矯正方法について先端を行っているのはドイツ。日本でもそのドイツでの方法が使われるようになっています。

まずは、代表的な巻き爪の矯正法について見てみましょう。

その1.マチワイヤ
最新の治療法はマチワイヤによる巻き爪治療法です。
まだ、全国的に行っている医療機関は少ないようですが、この先もっと、広がっていくと考えられています。
マチワイヤによる巻き爪矯正とは、マチワイヤ(超弾性ワイヤー)を使用したものです。
今までの矯正法方では重症の巻き爪の矯正は不可能でしたが、マチワイヤになら重症の巻き爪でも矯正することができます。
マチワイヤによる治療法は、伸びた爪の両端に穴を開け、マチワイヤを通し、余分な分は切り取り医療用の接着剤で固定するというものです。
施術は5分とかからず、爪にマチワイヤを通すだけですから、痛みもほとんどありません。
巻き爪の痛みはごく早い段階から緩和されるようになり、日常生活にも、影響はでません。

その2.B/Sスパンゲ
B/Sスパンゲもドイツの矯正システムです。
B/Sスパンゲは特殊なプラスチック製の平らなスプリングになっており、その表面全体は足の爪に装着するように作られています。
爪への装着は短時間で、安全に固定することができます。
この装着によって巻き爪が改善され、同時に痛みを軽減してくれます。

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。


累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED