Top >  巻き爪の基礎知識 >  巻き爪が起こる原因

巻き爪が起こる原因

爪は伸びていく過程で自然と巻いていくものですが、なる人とならない人がいます。では巻き爪の原因は何なんでしょうか。
巻き爪の原因は、先天的なもの、つまり、遺伝の場合もあります。
しかし、多くの原因として挙げられるのは、外傷や環境などの後天的なものです。

ひとつ目に挙げられるのは、自分に合わない靴の使用です。
日本は、靴に対する意識が低く、自分の足に合わない靴を履いている人が多くいます。つま先が細い靴、5センチ以上のヒールがある靴などがその例で、そのため、やはり女性のほうが巻き爪になる率が高いようです。

2つ目に挙げられるのが爪の切り方。多くの巻き爪患者は初期段階では自覚症状がなく、気づきません。
そのため、巻き爪になると、爪の両端が足の肉に食い込むので、それを回避するために、爪の両端の巻き爪部分をカットしてしまいます。
そうすると、カットした爪は巻きながら伸びていきます。深爪すること自体が、皮膚を傷つけ、爪の形状は、縁で固定され、保たれています。
そこが切られて遊離した状態が続くと、爪の変形が進行しまうのです。

3つ目に挙げられるのが、外傷です。爪の上に重い物を落としてしまった、そういう傷が原因して巻き爪になることもあります。
また、サッカーなどのスポーツで足の指に大きな衝撃が与えられた場合も巻き爪になることがあります。

最後は体質の問題で、爪の薄い人のほうが、柔らかい人のほうが巻き爪にはなりやすいようです。また寝たきりになると巻き爪になる人も多くいます。

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。


累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED