Top >  巻き爪の基礎知識 >  巻き爪の症状

巻き爪の症状

実際に巻き爪になると、どういった症状が現れるのでしょうか。
爪が肉に食い込んでそのまま伸びていくと、足の指自体に傷をつけていくことになります。

爪が食い込んだ部分は炎症を起こして、赤く腫れる状態になります。
ひどくなると、うみを持ったり肉芽が盛り上がってしまうなどして、悪臭を放つようになります。
稀なケースではあるようですが、骨にまで達することもあるようです。

また痛みがひどくなると、どうしても痛いほうの足をかばうようになり、体のバランスも崩してしまいます。
それによって引き起こされるのが、腰痛や肩こりなどです。

そういったところにまで影響を及ぼさないためにも、早めの発見が重要です。
巻き爪が進行し、「の」の字を描くようになるまでなってしまうと、歩くことも不可能になるほどの痛みを伴います。日常生活にも当然支障が出てしまいます。
しかし、早期の巻き爪に関しては軽視する人が多いのも事実。大丈夫だと思って放っておくと、とんでもないことになってしまいます。

爪は放っておくと自然に巻いていくものです。
それが力の入り方によって、巻き爪になる人とならない人がいます。

最初はも少し痛いな、という程度のものですが、肉に爪が食い込み始めると、痛い程度では済みません。
炎症も起こしますし、靴はおろか、靴下を履くのも痛い状態。
地面を踏みしめたときに親指に力が入っただけでも痛くなります。
こうなる前に、初期の段階、「巻き爪かな?」と思った時点で予防策をとるか、病院へ行くことが賢明でしょう。

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。


累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED