Top >  巻き爪の基礎知識 >  巻き爪とは

巻き爪とは

自分の足に合わない靴を履いていると、足にはさまざまなトラブルが起こります。
それが発展すると、下半身だけでなく、腰や肩、頭痛を引き起こすなど全身に支障が出るようになってしまいます。

その中の足のトラブルの一つとしてあげられるのが巻き爪です。
巻き爪とはよく聞く症状ですが、実際には、一体何なのでしょうか。

足はたいていの場合は隠れてしまう場所。
さらに、爪となると、手の爪はきれいに手入れをしていても、足の爪になると、無頓着になる人が多いようです。
放っておくと、思いもかけないような変形をしていたりするかもしれません。
足の爪の変形で代表的なものが陥入爪、そして巻き爪(わん曲爪)です。
これらは、主に足の指の爪、それも親指に起こることが多く、手の指に起こることはほとんどありません。

巻き爪はその名の通り、爪が横方向に巻いている状態のことを言います。
陥入爪は爪の角がトゲのように肉に食い込んで、痛みを引き起こします。
巻き爪と陥入爪は別々の病気ですが、合併することも多く、合併した場合は痛みも強く、症状もよりひどいものになると言われています。
痛みは爪を切ると、一時的にはなくなりますが、爪が伸びてくるとさらに肉を巻き込み、症状が症状を悪化させてしまいます。
爪が食い込むのは、片側だけの場合もありますが、多くの場合は左右両方が食い込んでいってしまいます。
巻き爪がひどくなると、トランペットの中央の管のように爪の先がくるりとうずまきを描くトランペットネイルというような状態になることもあります。

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。


累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED