Top >  ネイルのテクニック >  ベーシックネイルアート

ベーシックネイルアート

・フレンチネイル

女性からも男性からも支持されていてナチュラルなデザインであるフレンチネイル。
上品で清楚イメージに仕上がるのが魅力です。

ベースカラーまずネイルの表面にベースカラーを2度塗りします。しっかりと乾かします。(エッジにはホワイトカラーをぬるので、ベースカラーは塗らなくて大丈夫です。)

ネイルカラーホワイト次に、ホワイトのネイルカラーをエッジと裏側に塗ります。そしてネイルの先にサイドから弧を描くように中心に向かって塗っていきます。

フレンチネイル反対のサイドからも同じように中心に向かってカラーを塗ります。最初に塗った部分と中央で重なるようにしましょう。二度塗りも同じように繰り返します。この時にはネイルカラーの量は少し少なめにして先端が厚くならないようにします。ムラがでないように注意してください。ネイルストーンをのせてあげるとアクセントになってかわいいです。乾いたらトップコートで仕上げます。



・ドット

ドットはネイルカラーをポツポツと表面にのせるだけなので、簡単にできます。
ドット棒や、爪楊枝(つまようじ)をつかって小さなドットも描いてみましょう。

ベースカラーベースカラーを二度塗りします。二度塗りが乾く前にドットをのせるのがポイントです。

ドットネイルの表面にちょんと触れる感じでドットをのせます。ハケ先をボトルの口で整え細くしておくのがポイントです。二度塗りが乾いていない状態でのせることにより、ドットが自然に丸く広がります。ドット棒や爪楊枝(つまようじ)を使えば、小さなドットを描くことも可能です。完全に乾いたらトップコートで仕上げましょう。



・マーブル

一見、難しそうに見えるマーブルですがコツを覚えてしまえば簡単です。

ベースカラーベースカラーを二度塗りします。二度塗りが乾く前にドットをのせていくので速乾性があるネイルカラーは使用しないほうがいいでしょう。

ドットベースカラーが乾く前にドットをのせていきます。

マーブルそしてドットを細筆や爪楊枝(つまようじ)でベースカラーに溶かしこむように混ぜ合わせます。このとき8の字を描くように混ぜるのがポイントです。力を入れすぎずネイルの表面を軽く触れるように動かしてください。乾いたらトップコートで仕上げます。



・ラインストーン

ラインストーンをつけるだけで、大人っぽくなりゴージャスさがプラスされます。
ジュエリーデザイナーになった気分でチャレンジしてみましょう。

ベースカラーベースカラーを二度塗りします。

トップコートトップコートを少量つけたウッドスティックの先で、ラインストーンをとりネイルにのせていきます。

ラインストーン二度塗りが乾く前にネイルストーンをのせていきます。大きいストーンからのせていくと全体のバランスがとりやすいです。最後にトップコートを塗って仕上げます。ストーンのまわりに気泡ができることがあるので丁寧に塗りましょう。




・Nail Seal ネイルシール

アートが上手に描けなくても、可愛らしいく仕上げられるのがシールのメリットです。

ベースカラーを二度塗りし、しっかりと乾かします。

ネイルのサイズに合わせてシールをカットし(眉毛のカットバサミなどが使いやすいです)、ピンセットで貼ります。ネイルからはみ出したシールはカットし、最後はトップコートを塗って仕上げます。
※水に浸して使うタイプのシールは、カットしてから水に浸しピンセットで台紙からはがして貼りましょう。

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。


累計: 検索エンジン登録はUNFINISHED 本日: SEO対策はUNFINISHED 昨日: メール配信はUNFINISHED   アクセスアップはUNFINISHED